劇団なのぐらむ劇団ロゴマーク

前回公演

第36回公演「絶句するコンテクスト」

戯作・演出/鈴木 実

2017年5月11日(木)~14日(日)

池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER

次回公演出演者募集

第37回公演のキャスト選考のため、ワークショップ・オーディションを開催します。

来年の20周年に向けて、今回よりも面白い作品にしていきたいと思っております。

たくさんのご応募をお待ちしています。


第37回公演

日程/2017年11月16日(木)~19日(日)※全5ステージ

劇場/池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER

タイトル/「愚か者のオノマトペ」

戯作・演出/鈴木 実


ワークショップ・オーディション

日程/8月6日(日)

時間/13:30~17:00 ※ウォームアップの時間を含む。

場所/新宿区内施設 ※参加決定者にのみご案内します。

費用/1,000円


出演にあたっての条件/

心身共に健康な20歳以上の男女

演劇作品への出演経験を有する方

9月中旬から始まる稽古に原則全日出席可能な方

(週5~7日、平日は夜間2時間程度、週末・祝日は午後~夜間の最大8時間程度)

芸能プロダクションに所属されている場合は、ご自身で出演の許可を得て頂ける方。


応募方法

メール/

宛先:劇団なのぐらむ制作部 theater_nanogram@ezweb.ne.jp

件名:ワークショップ参加

本文:氏名、年齢、性別、演劇略歴、ワークショップ参加希望日


応募フォーム/

下のボタンから応募フォームサイトに移動できます。


劇団なのぐらむとは

第1回からすべての脚本を座長:鈴木 実が手がける。
全編を通してコメディであるが、なんらかの事件・事故をきっかけに物語はサスペンスを帯び、登場人物たちの心の葛藤がストーリーに奥行きをあたえ、観客の心をひきつける。
登場人物の一人ひとりが人間味にあふれており迫真で滑稽。
照明は過度になりすぎず、時間の経過による繊細な変化を見せ、出演者の演技にコントラストを加える。
音楽は物語の始まりと終わりにのみ流れ、ストーリーに期待と余韻を持たせる。
具体的な舞台セットを背景に、出演者のわずかな仕草などを深く追求し、舞台の上の出来事をまるでのぞき見ているようなリアルな世界を作り出す。どこか別の日常にいる、ちょっと悪くて可愛い人たちの異常な一日を堪能して欲しい。

-略歴-

1998年旗揚げ。
1998年10月、第1回公演「Perfect Blue」(大塚ジェルスホール)を上演。
その後、1999年4月の第2回公演(新宿タイニイアリス)、第3回公演(新宿パンプルムス)、以降2003年4月の第10回公演までを新宿タイニイアリスで上演し、活動の中心を新宿に移す。
2003年10月、第11回公演「丘の上のヒツジたち」を新宿スタジオアルタで上演。
2004年4月の第12回公演から第15回公演を恵比寿・エコー劇場で、第16回公演の池袋シアターグリーンを挟んで、第17回公演から第32回公演まで、計20回を恵比寿・エコー劇場で上演。活動の場を恵比寿に移した。
以降現在までの上演回数は35回を数える。
2017年5月に36回目の作品を上演予定。

当Webサイト内容の無断引用・転載を禁ず。

©1998 Theater Nanogram.